1(1)/3086 更新:2013/05/19

←リスト表示のカスタマイズ

合成フォントを作ろう!→


往復ハガキに印刷を

普段、自宅ではあまりプリンタは使いません。で、ご多分に洩れず、一番良く使うのは年賀状を書くときになるわけです。それで、次に多いのが懸賞やチケット購入のためのハガキプリントなのですが、この時、往復ハガキを使うというのが結構多いのです。 ところが、私の使っているプリンタには往復ハガキの設定がない!
#まあ、ハガキサイズを2回分印刷すればいいわけですが、面倒と言うことで...

...というわけで、往復ハガキの設定を無理矢理できるようにしてしまおうということです。

プリンタドライバを改造

まず、例によって ResEdit を用意します。それから、もちろんプリンタドライバをコピーしておきます。私の使っているプリンタドライバは Color StyleWriter 2500ですが、StyleWriter系であれば、ほとんど同じ方法が使えるのではないかと思います。
#他のApple製プリンタも似たようなものじゃないかと思うのですが、定かではありません。
#個人の責任で試してみて教えてください。(無責任^_^;)

次に、プリンタドライバをResEditで開き、PRECリソースのID3を表示します。この中に6つの用紙サイズ設定が入っているのですが、その1つを潰して往復ハガキの設定に書き換えるわけです。
#追加できないかと、ちょっとやってみたことがありますが、どうもうまく行きませんでした(^_^;)

たとえば、2つ目の設定を往復ハガキの設定に変えたいときは、

Btn 2 Height → 699
Btn 2 WIdth → 944
Btn 2 Name → 往復はがき

といった感じで設定します。

後は、機能拡張フォルダに入れて、リセットするだけです。適当なアプリの用紙設定などを開いてみれば、往復はがきの設定が現われると思います。

修正PRECリソース

「自分で修正するのは面倒だ」という人のために、以下の所に修正PRECリソースを置いておきます。


これ(PREC_Res.bin)です。


ResEditを使ってPRECリソースのID3を置き換えてください。ただし、Color StyleWriter 2500 以外ではどうなるか解りませんので、そのつもりで...(^_^;)