1(1)/5420 更新:2013/05/19

←Finderを止めよう

リスト表示のカスタマイズ→


以下の話は Mac OS 8.*, 9.* で有効です。

Alias Fontのスタイル変更

エイリアスを作るとその名前はイタリック体のフォントで表示されます。ところが、これがなかなか見づらかったりしてよろしくない。特に表示フォントとしてイタリック体を持っていないフォントだったりすると、ガタガタして見栄えも悪かったりします。

そこで、エイリアス表示時のフォントスタイルを変更してしまおう、というわけです。

Finder Preferencesのリソース変更

まず、System Folder (日本語阪ではシステムフォルダ ->以下同じ)のPreferrences (初期設定)フォルダにある、Finder Preferences(Finder設定)をコピーします。

そのコピーを例によってResEditで開き、fvl8リソースのID128を開きます。で、その中を変更するわけですが、Hexa Dumpを見ながら変更するのはなかなか骨が 折れるというわけで、fvl8 templateを作って見ました。使い方は、fmn2テンプレート等と同じです。
以下に置いておきます。


これ(fvl8_template.bin)です。


テンプレートの中を見てもらえればだいたい解ると思いますが、ちょっとだけ説明しておこうと思います。各々の項目の意味は以下のとおりです。

変更不可  : 絶対に変更しないでください。どんなことが起こるか解りません。
            # 爆発はしないと思いますが^_^;
Reserved  : 変更してもなーんにも起こりません。
W i d e   : 文 字 間 隔が通常より少し広くなります。
Narrow     : 文字間隔が通常より少し狭くなります。
Shadow    : 影付の文字で表示します。
Outline   : 袋文字で表示します。
Underline : 下線付の文字で表示します。
Italic    : イタリック体の文字で表示します。通常ここだけonになっています。
Bold     : 太字で表示します。

と、なっているのですが、2つ以上を組合せて設定しても構いません。たとえば、ItaricとBoldをonにすると、太字のイタリックで表示されます。もっとも、WideとNarrowを同時にonにするとどうなるかは不明です。(試してません^_^;) また、すべての項目をoffにすると通常のファイルかエイリアスか見た目では判別できなくなります(^_^)

設定が終わったら、元のFinder Preferences(Finder設定)をゴミ箱に捨て、修正した Finder Preferences(Finder設定)のコピーをPreferences (初期設定)フォルダにいれて、(もちろんFinder Preferences(Finder設定)という名前にして)リセットしてください。
#もっと素早く確かめたいならQuitFinder, StartFinder を使ってFinderだけ立ち上げ直しても構いません。

Mac OS 8のFinderだけでなく、それ以前のFinderでも同様なことが出来るかも知れませんが、定かではありません。